Archive for コンピュータ

やねうら王、最終局千日手で初優勝

第29回世界コンピュータ将棋選手権は最終日の昨日5月5日(日)に川崎市産業振興会館にて7回戦の総当たり決勝リーグ戦が行われ、やねうら王が5勝1敗1引分で初優勝をおさめました。やねうら王 with お多福ラボ 2019の皆さん、おめでとうございます。

最終第7回戦にて5勝1敗同士で並んだKristallweizenとの直接対決に優勝を賭けることになったやねうら王は、3位〜8位のチームのうち勝った相手の成績の合計(SB)がKristallweizenよりも上回ることが確定している状況を活かし、この最終局をわずか数分、37手までで千日手に持ち込み、Kristallweizenと同星の5勝1敗1引分でありながら、みごとに優勝を手にしました。

将棋電王トーナメントではすでに上位の実績があり電王戦ではプロ棋士を相手に2勝をあげているやねうら王でしたが、世界コンピュータ将棋選手権については今回が初出場でした。初出場での優勝は昨年のHefeweizenKristallweizenはHefeweizenの後継です)に続き2年連続。引き分けで優勝が決まったのは世界コンピュータ将棋選手権史上初でした。

最終日、同会場9階では特設イベントとしてプロ棋士とコンピュータ将棋開発者陣による座談会が行われました。第29回世界コンピュータ将棋選手権の棋譜は棋譜インターネットライブ中継サイトですべて見られます。現地中継ブログでは第29回世界コンピュータ将棋選手権の様子を時系列で追うことができます。ニコニコ生放送で行われた決勝リーグ中継は、タイムシフト予約があれば今からでも視聴可能。niconicoのプレミアム会員であれば放送後のタイムシフト予約も可能です。各関係サイトへのリンクは第29回世界コンピュータ将棋選手権の公式サイトをご覧ください。

準優勝は前述の通り最終局でやねうら王と優勝を争ったKristallweizen。3位には狸王が入り、今年から創設されたドワンゴ賞の賞金はこの3チームが獲得しました。

以下の最終順位は、決勝の最終順位順の結果でご確認ください。

Leave a Comment

第29回世界コンピュータ将棋選手権、決勝リーグに8チームが進出

第29回世界コンピュータ将棋選手権は、本日5月4日(土)に川崎市産業振興会館にて2次予選が行われ、上位8チームが明日の決勝リーグ進出を決めました。

上位から順にKristallweizenやねうら王PALelmo水匠狸王Qhapaq di molto名人コブラの8チームが決勝リーグ進出となりました。千日手による引分が多く例年以上に混戦となった決勝リーグ進出のボーダーラインは、ソルコフ点差0.5点を争う激戦となりました。今回もやねうら王水匠の初出場2チームが決勝リーグに食い込みましたが、前回優勝のKristallweizen(Hefeweizenの後継)や前回準優勝のPALほか、前回選手権の上位陣も強さを見せました。

2次予選の模様は、棋譜インターネットライブ中継現地中継ブログのほか、実験放送ながらプロ棋士による解説つき生中継(前半後半)が行われ、インターネットでも充分に楽しんでいただけたことと思います。

明日はいよいよ決勝。動画生中継はニコニコ生放送の公式中継となります。棋譜インターネットライブ中継現地中継ブログも前2日と同様お楽しみいただけます。ほか詳細は公式サイトをご覧ください。Twitterのつぶやきはハッシュタグ “#csalive” にて。

最後に、2次予選の最終順位順の結果をどうぞ。

Leave a Comment

第29回世界コンピュータ将棋選手権開幕、8チームが二次予選進出

昨年に続く史上最多タイの56チームが出場することとなった第29回世界コンピュータ将棋選手権は5月3日(金)に川崎市産業振興会館にて1次予選が行われ、1次予選史上最多タイの40チームがわずか8の予選通過枠を争いました。

競争率5倍を突破したのは、上位から順にやねうら王水匠DaigorillaCGPNineDayFeverあやめdainomaruDNNcdlshogiの8チームでした。うち上位3チームがすべて初参加のチームでした。

明日の二次予選は、この8チームと、1次予選をシードされた16チームの計24チームによって、明後日の決勝リーグへの進出枠8が争われます。

選手権のあらましと、ニコニコ生放送など他サイトのリンク、特設イベントについては、第29回世界コンピュータ将棋選手権公式サイトをご覧ください。Twitterのつぶやきはハッシュタグ “#csalive” にて。

最後に、1次予選の最終順位順の結果をどうぞ。

Comments (1)

5月3日から第29回世界コンピュータ将棋選手権

第29回世界コンピュータ将棋選手権が、例年と同じく今年も5月3日〜5日の3日間に行われます。会場は川崎市産業振興会館。こちらの会場に移ってから4回めとなります。

例年通り、棋譜インターネットライブ中継現地中継ブログTwitterアカウントが選手権の模様を伝えます。ハッシュタグは “#csalive” です。現地では昨年に続き、最終日の5月5日(日・祝)に同会館の9階にて特設イベントが並行して行われます。特設イベントは予約不要・参加費無料で参加できますので、ご興味のある方は是非お越しください。

例年通りニコニコ生放送にて2日目と3日目の模様が生中継されます。今回は2日目の二次予選の中継がコンピュータ将棋協会による実験的な放送となる予定です。3日目の決勝リーグは公式の生放送が行われます。放送のタイムシフト視聴にはniconicoのアカウント、またはFacebook/Twitterのいずれかのアカウントが必要です。

昨今は、人工知能(AI)技術に関するイベントやニュースがすっかり珍しくないものになりました。これは元号が令和に変わった後も変わることはないでしょう。第29回世界コンピュータ将棋選手権は、令和時代最初の大きなAI関連イベントということになろうかと思われます。今年もまた、コンピュータ将棋は見たことのない強さを見せてくれるでしょう。さて、令和元年の覇者は?

Leave a Comment

第29回世界コンピュータ将棋選手権 参加者募集中

今年も年の瀬となり、2019年5月に開催される第29回世界コンピュータ将棋選手権の参加者募集が例年通り開始されています。申込受付は来月1月末日までです。

「フィッシャークロック・ルール」である点は前回と変わりませんが、後述の通り初期持時間と加算時間、および打ち切り手数が変更になっておりますのでご注意ください。開催日時は5月3日(金、祝)〜5日(日、祝)です(曜日を除いて例年と同じ日付)。会場が川崎市産業振興会館である点は過去3回と同じです。また、使用可能なライブラリの登録期限が募集期間中の1月15日である点も前回と同様です。

前回から変わった点のうち主なものを簡単に列挙しておきます。詳細は、参加者募集のお知らせをご確認ください。

  • フィッシャークロックルールの初期持時間が15分に増える一方、1手ごとの加算が5秒に減少しました(第24条第3項)。
  • 引き分けとなる手数が256手から320手に伸びました(第27条第3項)。
  • 3位までのチームにドワンゴ賞を贈呈します。
  • ライブラリ不使用者の上位5チームを表彰します。
  • アピール文書について、決勝進出者は、選手権終了後2週間以内に、A4サイズ2ページの文書の提出を求めることとします。

今回も会場の9階にてイベントを企画していますが、内容については検討中です。

多数の参加者・観戦者をお待ちしております。

Comments (29)

Older Posts »